ドラゴンタイガーの遊び方を画像付きで解説!罫線の使い方もご紹介

ドラゴンタイガー遊び方ガイド ギャンブル全般

カジノには様々なスタイルのゲームがあり、初心者からプロのギャンブラーまで幅広く楽しめるようになっています。

ただ初心者がポーカーのような駆け引き重視のゲームにいきなり挑むと、まず間違いなく負けてしまいます

「自分のレベルに合ったゲームを選ぶ」がカジノの基本で、初心者におすすめなのが「ドラゴンタイガー」です。

ほぼ100%運だけで勝敗が決まり、ルールもシンプルで初心者にも最適

そこでここでは、ドラゴンタイガーの遊び方や必勝法を分かりやすく解説していきます。

このページでわかること

  • ドラゴンタイガーは運だけで勝ち負けが決まる
  • 基本的にはドラゴンかタイガーのどちらかに賭ける
  • 必勝法と罫線を活用すると勝率が上がる

ドラゴンタイガーはディーラーの腕が影響しないので、勝ち負けは運だけで決まります

このため運が良ければ初心者でも一攫千金を目指すことも可能です。

ただし、何も考えずに賭けていると徐々に資金が減っていきますので、セオリーや遊び方を把握しておきましょう。

賭け方はいくつかありますが、基本的にはドラゴンかタイガーのどちらかに賭けるようにしましょう。

このときに直感で賭けるのではなく、必勝法と罫線を組み合わせてどちらに賭けるか決めると勝率が上がり、安定して勝てるようになります。

初心者におすすめの「ドラゴンタイガー」とは?

ドラゴンタイガーは簡易版バカラとも呼ばれるカードゲームで、参加者は仮想プレイヤーであるドラゴンとタイガーに配られたカードのどちらが大きいかを予想するギャンブルです。

バカラは2枚のカードが配られて、数字を合計したときの下一桁が「9」に近いほうが勝ちですが、ドラゴンタイガーはそれぞれに1枚のカードが配られて、数が大きいほうが勝ちという、とてもわかりやすいゲームとなっています。

バカラのように追加カードがなく、すぐに結果が出るのでテンポよくゲームが進んでいきます。

ゲームとしてはやや淡白なところがありますが、とてもわかりやすく高確率で当てることができるので初心者でも楽しむことができます。

覚えておくべきドラゴンタイガーの遊び方

ドラゴンタイガーはプレイヤーとディーラーが競うのではなく、仮想プレイヤーのドラゴンとタイガーが競い合います。

参加者はどちらが勝つかを当てるので、感覚的には競馬や競輪などに近い感覚のギャンブルです。

使われるのはトランプのカードで、AからKまで並べたときに、Aが最も弱く、Kが最も強いカードとなります。

ディーラーはドラゴンとタイガーにカードを1枚ずつ配り、それをめくってどちらが勝ったかを宣言するだけですので、結果にディーラーの腕が影響することはありません

参加者は直感でドラゴンとタイガーのどちらかに勝つか(もしくは引き分けるか)を当てるだけです。

勝つと思った方にチップを置き、予想が当たると配当を受けることができ、外れるとチップを回収されます。

ドラゴンタイガーの流れ

  • 参加者が賭けたいところにチップを置く
  • ディーラーがドラゴンとタイガーにカードを配る
  • 勝敗が予想通りなら配当、外れると回収

ドラゴンタイガーの流れもとてもシンプルです。

参加者がチップを賭け、それぞれのカードがオープンになった時点で勝負が決まります。

予想が当たっていれば配当を受けられて、外れていれば回収され、次のゲームに移行します。

考える要素もほとんどなく、ゲームがどんどんと進んでいきますので、予想が外れ続けると短時間で資金が尽きてしまいます

逆に当て続けることができれば、資金はあっという間に増えていきます。

そういう意味では、ゆっくりカジノを楽しみたい人には向いていません

ドラゴンタイガーの賭け方と配当

ドラゴンタイガーはドラゴンとタイガーのどちらが勝つかを予想するゲームですが、賭け方は勝敗だけではありません。

例えば数の大小や奇数か偶数かなども賭けの対象になります。

賭け方と配当は次のようになります。

ドラゴン:2倍

タイガー:2倍

タイ:9倍/12倍

スーテッドタイ:51倍

赤・黒:2倍

大・小:2倍

奇数・偶数:2倍

スーテッドタイというのは、ドラゴンとタイガーのいずれも「A」になる引き分けで、かなりの高配当になりますが、まず当たることはありません

選択肢としては外しておいても構いません。

またタイも起きにくいので、基本はドラゴンもしくはタイガーに賭けることになります。

ちなみにタイになったときの配当はカジノによって違います。

タイに賭けるときは配当がどうなっているのかをきちんとチェックしておきましょう。

勝ち続けるためのドラゴンタイガーの必勝法

ドラゴンに賭けるにしてもタイガーに賭けるにしても、このゲームの結果はすべて運で決まります。

ただし「タイ」があるので、ドラゴンやタイガーが出る確率は50%よりも低くなり、プレイすればするほど確率論では資金が減っていきます

ただ、絶対に勝てないかというとそうでもなく、必勝法を活用することで損をすることなくコツコツ稼ぐことは可能です。

そこで、ここではドラゴンタイガーの必勝法について、詳しく解説していきます。

ドラゴンかタイガーにだけ賭ける

稼ぐためにドラゴンタイガーをプレイするなら、賭け方はドラゴンに賭けるかタイガーに賭けるかしかありません。

大小や奇数偶数でもいいのですが、結果は同じですのであえてそこに賭ける必要はありません。

タイに賭けて一攫千金を狙うという人もいますが、タイの還元率は89.64%スーテッドタイの還元率は86.02%しかありません。

運が良ければ一攫千金も可能ですが、タイばかりに賭けていると、普通に賭けるよりも早く資金が減っていきます。

ドラゴンもしくはタイガーが出る確率は約47%もあり、還元率は96.27%。

一時的な勝ちではなく、継続して稼ぎ続けたいならドラゴンもしくはタイガーに賭けましょう。

必勝法の王道「マーチンゲール法」

理論上は絶対に稼げる必勝法のひとつが「マーチンゲール法」です。

マーチンゲール法は負けるたびに賭金を2倍にしていく賭け方で、最初に1ドル賭けて外れたら次は2ドル賭け、また外れたら4ドル賭けます。

このように賭金を増やせば、当てたときに必ず1ドルの収益になります。

この必勝法の欠点は資金が多くないと破綻することにあります。

もし10連敗すると、マーチンゲール法では1023ドルも失います。

そんなこと起きるわけがないと思うかもしれませんが、確率的には十分にあり得ます。

このため資金にかなりの余裕がないと、簡単に資金が不足します。

さらにカジノによっては賭金の上限が決められており、そこまでに当てないと賭金を回収できません。

このようにデメリットのある必勝法だということを頭に入れておきましょう。

利益を伸ばしたい人は「バーネット法」

マーチンゲール法は破綻する可能性もあるのに、利益は最初の賭金分しか手に入りません。

これでは一攫千金まではかなり遠く、ゲーム性の低いドラゴンタイガーだと飽きてしまいます

多少リスクを負ってでも利益を出したいなら「バーネット法」がおすすめです。

バーネット法は勝ったときの賭金を「3倍→2倍→6倍」と増やしていきます。

6倍で勝ったら、6倍のまま賭金を増やさずに勝負を続けます。

この手法のメリットは連勝すると利益が大きくなりやすい点にあります。

逆に連勝できないと利益は出ません

むしろ勝ち負けが続くと資金はどんどん減っていきます。

自分の賭け方を分析して連勝や連敗しやすいタイプだと思ったら、「バーネット法」で勝負してみましょう。

罫線を読んで賭ける

マーチンゲール法やバーネット法といった必勝法は「賭け方」を工夫するもので、結局のところドラゴンとタイガーのどちらが勝つかを当てなくては利益を出せません。

そこで役立つのがテーブルに出ている罫線と呼ばれるものです。

罫線はここまでの勝負の過去データが表示されています。

どちらが何連勝して勝ったのか、どこで引き分けが出たのかひと目でわかるようになっています。

この罫線と必勝法をうまく組み合わせて活用することが、勝ち続けるためのポイントになります。

例えばドラゴンが3〜4回続いたとき、次にドラゴンが勝つ確率は低いので、そこからマーチンゲール法を使ってタイガーに賭け続けば、手持ちの資金をすべて失う確率が下がります。

実際に次にどちらが勝つかなんて運次第なのですが、このようなカードゲームには必ず流れというものがあり、結果は偏りやすいもの。

当てずっぽうで賭けるのではなく、罫線を使って流れを読んでから賭けるようにしましょう。

オンラインカジノでドラゴンタイガーに挑戦しよう!

ドラゴンタイガーは無料ゲームでも楽しめますが、ゲームがあまりにもシンプルすぎて熱くなりにくいのもあって、ゲーム内で賭けてもあまり気持ちが盛り上がりません。

ドラゴンタイガーが面白いのはやはり現金を賭ける緊張感があるときです。

ぜひ本場のカジノでチャレンジしてもらいたいところですが、最近は海外に行かなくてもオンラインカジノでドラゴンタイガーを楽しめます。

オンラインカジノって危険じゃないの?と思うかもしれませんが、きちんと政府のライセンスを受けたオンラインカジノを選べば危険性はありません

さらに第三者機関の監査を受けていれば、イカサマなどの不正行為が起こることもなく、本物のカジノと同じように遊べます。

日本では賭博が違法ですので、正確にはオンラインカジノは違法ということになりますが、「オンライン」ということで法整備がされておらず、実際にはパチンコやパチスロなどと同じくグレーゾーンのギャンブルとして黙認されている状況にもあります。

いずれ取り締まりの対象になる可能性はありますが、今なら問題なく遊べます。

まずは無料ゲームやアプリで遊び方を身に着けて、ある程度安定して勝てるようになったら、ぜひオンラインカジノで緊張感のあるドラゴンタイガーをプレイしてみましょう。

まとめ:簡易的なバカラでカジノ初心者におすすめ

ドラゴンタイガーはゲームの遊び方が単純明快で、カジノ初心者でも運が良ければ簡単に勝ててしまいます。

ただし、1ゲームのスピードが早いので、何も考えずに賭け続けていると、あまり負けていない気分なのに、気がついたら資金が底をついていたりします。

そうならないためには、賭け方や必勝法をしっかりと頭に入れておく必要があります。

ドラゴンかタイガーのどちらかに賭け、罫線で流れを読みながらマーチンゲール法やバーネット法を使ってコツコツと稼いでいきましょう

無料ゲームやアプリで遊び方を覚えたら、実際にお金を賭けられるオンラインカジノに挑戦するのがおすすめです。

お金を賭けることで緊張感が生まれ、ドラゴンタイガーの面白さが何倍にもなります。

ギャンブル特有のドキドキ感を味わいたい人は、ぜひオンラインカジノに挑戦してみましょう。

タイトルとURLをコピーしました