ギャンブル11種類の遊び方・ルールを解説!日本で遊べるギャンブルは?

11種類のゲーム遊び方解説! ギャンブル全般

もし宝くじで1億円当たったら。

そんなことを考えたことのある人は多いはず。

仕事で稼げる金額は限られていますから、普通の人が大金持ちになるとしたらギャンブルか投資くらいしかありませんよね。

投資もいいのですが、手軽に楽しみながら稼ぐという意味では、やはりギャンブルがおすすめ。

ただ、ギャンブルも種類が多くて、どれが稼ぎやすいのか分かりませんよね。

そこでここでは、日本国内で楽しめるギャンブルについてまとめてみました。

一攫千金を目指すためのポイントも合わせて解説していますので、ぜひ参考にしてください。

このページでわかること

  • 日本国内で安全に遊べるギャンブルの種類
  • 還元率が高いギャンブルほど稼ぎやすい
  • ギャンブルは余剰資金で行うこと

日本では賭博が禁止されていますが、実際には公営ギャンブルやパチンコなど、お金を賭けて遊ぶ方法がいくつもあります。

ギャンブルで勝ち続けるには自分と相性のいいギャンブルを見つける必要があるので、このページでは国内で安全に遊べるギャンブルの種類を紹介しています。

ギャンブルを選ぶときには還元率をひとつの指標にしましょう。

還元率が高いギャンブルほど大損する可能性が低く、しっかりと稼ぐことができます。

ただし、100%勝てるわけではないので、生活費ではなく、余剰資金を使って無理のない範囲でギャンブルを楽しみましょう。

国内で楽しめるギャンブルの種類

それではさっそく、日本国内で楽しめるギャンブルの種類について見ていきましょう。一攫千金を目指すのに必要なのは、自分に向いているギャンブルを見つけることです。

気になるギャンブルがあったら、ぜひ挑戦してみましょう。

初心者にもおすすめ「競馬」

競馬は騎手の乗った馬を競わせる競技で、着順を予想して当てるギャンブルです。

競い合うというスポーツの一面も持ちながらも、ギャンブルとして一攫千金を狙えるということで、老若男女に親しまれているギャンブルのひとつです。

競馬の配当金は馬の人気で決まるため、不人気の馬が勝つと万馬券といって100円が1万円以上になることもしばしばあります。

万馬券の確率は約0.8%と低いのですが、これまで最高の払戻金が4億8000万円もあり、1レースで1億円以上稼げる可能性もあります。

スポーツ新聞やテレビ番組などの情報も多く、初心者でも簡単に始めることができるのも競馬の特徴です。

ただし、勝ち続けるためには知識と経験が必要で、運だけでなくデータ分析などの能力も求められるギャンブルです。

人力の魅力にハマる「競輪」

競輪はバンクと呼ばれる競争路の上で、レーサー(自転車)に乗った選手が順位を競い合う競技です。

そのスピードは最高速度で時速70kmにもなり、人力の素晴らしさに魅了されるギャンブルでもあります。

同じ人力でも陸上競技とは違い、レースに勝つためには戦略や駆け引きが必要になり、能力が高いだけでは勝てないという点が、競輪の難しさでもあり面白さでもあります。

このため競輪で安定して稼ごうと思うと、選手の性格や特徴まで把握しておく必要があります。

競輪は7人もしくは9人で競い合いますので、競馬よりも当てやすいのも魅力のひとつですが、当てやすいので当然配当金も競馬ほどは大きくなりません。

1レースで一攫千金を狙うのではなく、コツコツ勝ちを積み重ねていくタイプのギャンブルです。

迫力のサウンドが癖になる「オートレース」

オートレースは1周500mのコースを8台のバイクが6周して、その着順を競い合う競技です。

時速150kmのスピードと大迫力のサウンドが高揚感を高めるだけでなく、最後の一瞬まで手に汗握る展開になることが多く、当てても外れても興奮できるギャンブルです。

選手同士の駆け引きもあり、さらにはバイクのメンテナンス力やバイクをコントロールする技術も勝敗に影響します。

ただし、ハンデもあるので必ずしも強い選手が勝つわけではないのが、オートレースの面白さになります。

ある程度の必勝法が確立されているので、それらを学んでおけば初心者でも安定して勝つことができます。

競輪よりも妥当な結果になりやすいのもあって、配当金はかなり低めですが、当てる喜びを味わいたい人におすすめです。

選手の人間ドラマが魅力「ボートレース(競艇)」

ボートレースは6艇のボートで1周600mのコースを3周して着順を競い合う競技です。全国に24ヶ所も競艇場があり、365日いつでもどこかでレースが開催されています。

毎日賭けられるということもあって、ギャンブラーの多くが最終的に競艇にたどり着くと言われています。

レーサーの中には60代の選手もいて、男女関係なくボートに乗り込みます。

体力や運動神経だけで勝てるわけではなく、経験や度胸なども求められるので、ギャンブルとしても知れば知るほど、レーサーの人間力にハマっていきます。

6艇しかないので知識ゼロで賭けても、1/6の確率で当たり、2着までを当てる複勝ならなんと1/3で当たるのもボートレースの魅力になります。

1日やっていれば全部外すほうが難しく、高確率で配当金を受けられるので、実はギャンブル初心者にも適しています。

手っ取り早く一攫千金を狙うなら「宝くじ」

自分の運だけに頼って一攫千金を目指したい人におすすめなのが「宝くじ」です。

当たりやすい場所や、当てるためのテクニックなど、いろいろと都市伝説がありますが、宝くじに当選するかどうかは100%運次第。

宝くじが当たれば数億円を手にすることができ、もう働かなくてもいい生活が待っています。

ただし、当選確率はとても低く、ジャンボ宝くじの1等の当選確率は、落雷に合うよりも低いとされています。

それでも買わなければ当たらないので、多くの人が買い続けています。

もし外れたとしても、宝くじを購入したお金の約40%は公共事業に使われているので、自分の出したお金が世の中を良くしていることになります。

良いことをしながら、運が良ければ億万長者になれる。

これが宝くじの魅力になります。

サッカー好きならこれ「スポーツ振興くじ(toto)」

スポーツ振興くじはtotoの愛称で親しまれているサッカーくじで、自分で勝敗やゴール数を予想するタイプと、ランダムに勝敗を割り振られるタイプの2種類があります。

当選者が出ない場合には配当がキャリーオーバーされ、高額配当が期待できるギャンブルとして人気があります。

当選者が多いほど配当が少なくなるので、妥当な試合結果になると配当が少なくなりますが、下位チームが上位チームに勝つと、数億円の配当金を受けられることもあります。

サッカーを楽しみつつもギャンブルできるので、サッカー好きにおすすめです。

また、購入金額は日本のスポーツ振興に使われるので、募金のような位置づけでスポーツ振興くじを購入し続けている人もいます。

意外と稼げる「パチンコ・パチスロ」

パチンコやパチスロに対してあまりいいイメージを持っていない人もいるかもしれませんが、実はこれらのギャンブルは大損することがあまりなく、負けることがあっても、それと同じくらい勝てるようになっています。

最近ではパチンコ店も原則禁煙となっており、以前のようにタバコ臭いこともなくなり、換気もしっかりとされているので、むしろ快適な暇つぶし空間となっています。

パチンコやパチスロのデメリットは、他のギャンブルのように一攫千金を狙えないことにあります。通常は朝から晩まで打って、かなり調子がいい日でも数万円程度しか稼げません。

稼げる金額が以前よりも減っており、気分転換のためのギャンブルになりつつあります。

運だけじゃなく技術も必要「麻雀」

自分の腕ひとつで稼げるギャンブルが麻雀です。

レートによって違いますが、一般的なレートでプレイした場合、半荘で5,000〜10,000円程度稼げます。

もちろん負けることもありますが、しっかりと腕を磨けば安定して稼げるようになります。

問題は賭け麻雀が違法であるということです。レートに関係なく1円でも賭けたら賭博罪になり、摘発されると逮捕の対象となります。

ただし、実際には賭け麻雀は普通に行われており、反社会的勢力などが絡むようなケースでなければ、黙認されています。

ただしSNSに賭け麻雀をしたと投稿すると、さすがに違法行為を咎められることもあります。勝っても負けても公にしないことが賭け麻雀のマナーです。

また、極端に高いレートでの賭け麻雀も避けておきましょう。

手軽なのにスリリング「オンラインカジノ」

オンライカジノはいま最も注目されているギャンブルです。

オンライカジノは危険と思っている人もいるようですが、サーバーを設置している国からライセンスを受けており、さらには第三者機関の監査も受けているので、大手オンライカジノは合法な存在で安全に楽しめます。

日本では賭博をすることが認められていませんので、刑法の解釈によっては違法と考える人もいますが、日本の法律ではオンライカジノを明確に違法とする根拠がなく、現時点ではグレーゾーンではありますが、問題なく遊ぶことができます。

海外のサービスですが日本語対応しており、実際のカジノよりも快適に世界中のギャンブラーとゲームを楽しめるのがオンライカジノの魅力です。

ただし、24時間365日いつでも開いているので、あまり熱くなりすぎないよう自制心を効かせて遊ぶ必要があります。

ハイリスク・ハイリターン「FX」

FXは「Foreign Exchange」の略称で、2国間の為替変動を予想して通貨を買ったり、売ったりするギャンブルです。

正確にはギャンブルではなく投機もしくは投資ですが、投じた金額の何倍もの利益を得ることができるので、ギャンブルとしてご紹介します。

安定して稼げるようになるには、世界情勢や経済についての知識、チャートの読み方などを身につける必要がありますが、為替が上がるか下がるかを正確に予想することは難しく、プロの投資家でも的中率は50%程度、すなわちサイコロを振るのと変わらないとされています。

小さな資金で大きく稼げるのがFXの魅力ですが、それは反対に大きな損失となる可能性もあることを意味します。

一攫千金を目指せるものの、他のギャンブルと違って大きな借金を背負うこともあるので、ハイリスク・ハイリターンのギャンブルになります。

新時代のギャンブル「仮想通貨」

最近注目のギャンブルが仮想通貨です。

こちらも基本的にはFXと同じで、仮想通貨のレート変動に合わせて売買し利益を出します。

仮想通貨の価値が右肩上がりということもあって、多くの「億り人」と呼ばれる億万長者が誕生しています。

仮想通貨は国による保証がない通貨ですが、商品やサービスの支払いなどにも利用でき、実際のお金のように使うことができます。

値動きが激しいのでギャンブル(投機)に向いており、取引所も増えており、少額から売買できるのも仮想通貨の魅力です。

ただし売買の利益に対する税金が高額で、思ったほど稼げないといったデメリットもあります。

それでも24時間365日いつでも売買可能で、スキマ時間で利益を上げられるので、忙しい人におすすめのギャンブルです。

稼ぎたいなら還元率でギャンブルを選ぶ

公営ギャンブルから投資に近いものまで、11種類のギャンブルをご紹介してきましたが、結局どれを選んだらいいのか迷っている人も多いかと思います。

そこでおすすめなのが「還元率」を指標にしたギャンブル選びです。

還元率は賭金の合計のうち、どれだけ配当金に使われているかを示したものです。

例えば100万円の賭金のうち、10万円を手数料として徴収し、90万円を配当金とした場合の還元率は90%になります。

ギャンブルで稼ぎたいなら、還元率の高い種類を選ぶようにしましょう。

集まった100万円のうち90万円が配当金になるのと、50万円が配当金になるのとでは、ギャンブルに勝ったときに得られる金額が大きく変わってきます。

競馬:70〜80%

競輪:75%

オートレース:70%

ボートレース(競艇):75%

宝くじ:46.5%

スポーツ振興くじ:50%

パチンコ・パチスロ:80〜90%

オンラインカジノ:95%以上

お手軽な宝くじやスポーツ振興くじは、公共事業やスポーツ振興のための集金システムなので、還元率がかなり低めで、さらに公営ギャンブルも70〜80%程度しかありません。

これではかなりの勝率でなければ掛け金を取り戻すのが難しそうです。

ただし、オンライカジノの還元率は95%以上あり、プレイするゲームの種類によっては99%以上になることもあります。

これなら大きな損をすることもなく、勝ち方を覚えれば安定して利益を上げられそうですよね。もしギャンブルの種類で迷っているなら、オンライカジノがおすすめです。

どのギャンブルも余剰資金で楽しむ

オンライカジノがおすすめとお伝えしましたが、すでに説明しましたように、オンライカジノは24時間365日楽しめます。

こうなると、負けが続くと熱くなってしまい、お金を借りてでも勝負したくなるのが人間です。

そうならないように、ギャンブルをするときには予算を決めて行いましょう。それも生活費などを賭金にするのではなく、余剰資金で楽しむというのがポイントです。

これはオンライカジノに限らず、すべてのギャンブルに共通する注意点です。

どんなギャンブルでも100%勝てるというものはありません。

すべてを失っても遊戯代だと思えるくらいの賭金までにしておくのが、ギャンブルを長く楽しむためのポイントになります。

それを忘れて借金をする人もいますが、これは絶対にNGです。

大損して周りの人に迷惑をかけないように、無理のない範囲の資金で程よくギャンブルしましょう。

まとめ:勝ちやすいギャンブルを余剰資金で楽しむ

日本では賭博は禁止されていますが、公営ギャンブルだけでなくパチンコやパチスロ、宝くじなど様々なギャンブルを楽しむことができます。

ただ、勝ち続けることを考えたときには、どのギャンブルでもいいというわけではなく、自分が勝ちやすいギャンブルを選ぶ必要があります。

どのギャンブルが自分に適しているのかは人によって違いますので、ここでご紹介したギャンブルを参考にして、勝てそうなものを見つけましょう。

どれを選んでいいか分からないときには、還元率の高いギャンブルから試していくのがおすすめです。

また、ギャンブルをするときには、かならず余剰資金で楽しみましょう。

ギャンブルは人生を賭けた大勝負をするものではなく、ドキドキを味わいながらもハマりすぎない距離感で楽しむもの。

失っても生活に困らないお金で勝負しましょう。

タイトルとURLをコピーしました