ポーカーのコツを解説!今日から勝率が120%アップする必勝法

オンランイポーカーおすすめ6選 ギャンブル全般

高額賞金をかけた世界大会が開催されるほどポーカーは人気のゲームで、カジノでも多くの人が駆け引きのあるギャンブルとして楽しんでいます。

ただ、ポーカーは実力差がはっきりと出るゲームで、1回だけなら素人でも勝てても、勝ち続けるとなると簡単ではありません

そこでここではカジノやポーカー大会で勝ち続けるために、ポーカーの必勝法をいくつかご紹介していきます。

また、ポーカーでは駆け引きが重要になってきますので、駆け引きのコツも合わせてご紹介していきます。

これからポーカーを始める人やなかなか勝てないという人は、ぜひ参考にしてください。

このページでわかること

  • 人気のポーカーはテキサスホールデム
  • 駆け引きを覚える前に必勝法やセオリーを身につける
  • コツを掴んだらオンラインカジノに挑戦

カジノでも人気のポーカーは世界大会も開催されており、多くのプレイヤーが一攫千金を目指して腕を競い合っている競技性の高いゲームです。

ポーカーはいくつものルールがありますが、人気が高いのは世界大会でも採用されているテキサスホールデムです。

テキサスホールデムで勝てるようになるには、駆け引きが重要と言われていますが、それよりもまずは必勝法やセオリーを覚えてポーカーのコツを掴む必要があります。

頭で考えなくても賭けたり降りたり出来るようになったら駆け引きも学びましょう。

駆け引きもできるようになったら、思い切ってオンラインカジノに挑戦してみましょう。

お金を賭ける緊張感を感じながらプレイすれば、より駆け引きが上手くなります。

より高いレベルでゲームを楽しみたいのであれば、無料ゲームやアプリだけでなくオンラインカジノもおすすめです。

世界大会が行われるほど人気の「ポーカー」とは?

ポーカーは5枚のトランプカードで役を作って、その役の強さを競い合うゲームです。

相手を降ろす(フォールドさせる)ことでも勝ちとなるので、強い役を作ると同時に心理戦での駆け引きが勝敗を大きく分けるゲームでもあります。

ポーカーにはいくつかの種類がありますが、基本的な役(ハンド)はどのポーカーでも共通で、難易度の高い役ほど強いとされています。

ただしポーカーの種類によっては、特殊な役が設定されていることもあり、どの種類でプレイするにしても、まずは役をすべて覚える必要があります

最もメジャーなポーカーの種類は「テキサスホールデム」で、私たち日本人が慣れ親しんだものとはルールが違います

そこで、ここではテキサスホールデムをメインに、基本ルールや流れ、賭け方を詳しく解説していきます。

覚えておくべきポーカーの基本ルール

テキサスホールデムはプレイヤーごとに配られる2枚の手札と、コミュニティカードと呼ばれる5枚のカードを組み合わせて役を作るスタイルのポーカーです。

最終的に1番強い役を作っているか、他のプレイヤーを全員フォールドさせれば勝ちとなります。

賭けるチャンスは最大4回あります。

まずは自分の手札を確認したタイミングで賭けるか降りるかを決め、次にコミュニティカードをオープンにするタイミングで賭けるか降りるかを決めます。

このタイミングで賭金を増やすこともできます。

誰かが賭金を上げると、テーブルに付いているプレイヤーは同じ金額を賭けるか、降りるかを決めなくてはいけません。

あまりにも賭金が大きくなってリスクが高いと感じたら、降りる必要がありますが、降りてばかりでは勝てませんのでどこかで勝負することになります。

実際に賭けるときのポーカーの流れ(掛け方と配当)

1.プリフロップラウンド

  • プレイヤー全員にカードが2枚配られる
  • プレイヤーは手札の2枚で勝負か降りるかを決める

2.フロップラウンド

  • ディーラーが表向きに3枚のカードを提示
  • プレイヤーは手札の2枚と提示された3枚のカードで勝負か降りるかを決める

3.ターンラウンド

  • ディーラーが表向きに1枚のカードを追加提示
  • プレイヤーは手札の2枚と提示された4枚のカードで勝負か降りるかを決める

4.リバーラウンド

  • ディーラーが表向きに1枚のカードを追加提示
  • プレイヤーは手札の2枚と提示された5枚のカードで勝負か降りるかを決める

5.ショーダウン

  • 残ったプレイヤーで勝者を決める

ポーカーには4つのラウンドがあり、ラウンドごとにチップを賭けていきます。

プリフロップラウンドではそれぞれに配られた2枚を見て、勝負するかフォールド(降りる)かを決めます。

この段階で降りれば損をすることはありませんが、BB(ビッグブラインド)やSB(スモールブラインド)と呼ばれる役が付いた場合には、強制的にベットさせられます。

SB:最低ベット額の半分

BB:最低ベット額

ゲームはBBの左隣のプレイヤーから始まり、コール(同じ金額を賭ける)か、レイズ(ベット額を引き上げる)かを選びます。

誰かがレイズしたら、次のプレイヤーはその金額でコール、レイズ、フォールドのいずれかのアクションを起こします。

これを繰り返して全員が同じ金額を賭けたら、次のラウンド(フロップラウンド)に進みます。

フロップラウンドではディーラーがコミュニティカードを3枚表向きに提示し、プレイヤーはまた勝負するかフォールドするかを決めます。

フロップラウンド以降はBBやSBという役がなく、全員がチェック(パス)することもできますし、新たにベットすることもできます。

誰かが新たにベットしたら、次の人からはコール、レイズ、フォールドのいずれかのアクションを起こします。

このラウンドでも全員の賭金が同じになるか全員がチェックしたら、次のラウンド(ターンラウンド)に進みます。

同じことをターンラウンドとリバーラウンドで繰り返しますが、この2つのラウンドではディーラーが提示するコミュニティカードはそれぞれ1枚ずつとなります。

リバーラウンドが終わってまだプレイヤーが残っていた場合にはショーダウンを行い、それぞれの役を確認して1番強い役だった人がチップをすべて総取りします。

ショーダウンする前に、1人を残してみんなフォールドした場合も、残った人がチップを総取りします。

テキサスホールデム以外のポーカーの種類

カジノのポーカーのメインはテキサスホールデムですが、それ以外にも様々な種類のポーカーがあります。

カジノで遊べる代表的なポーカーをいくつかご紹介していきます。

カジノホームデム

テキサスホールデムの「対ディーラー」版です。

周りのプレイヤーは関係なく、ディーラーよりも強い役を作ることができれば勝ちとなります。

スリーカードポーカー

最初に配られた3枚のカードで行うポーカーで、カードの交換はありません

基本的にはディーラーと役を競うことになりますが、ペア以上の役ができるかどうかにも賭けることができます。

カリビアンスタッドポーカー

スリーカードポーカーと同じくカードの交換はなく、最初に配られた5枚のカードで勝負をするシンプルなポーカーです。

ディーラーのカードは1枚だけオープンになった状態で、勝てるかどうかの判断をして、勝負するかどうかを決めます。

オマハポーカー

テキサスホールデムから派生したゲームで、最初に配られるカードが2枚ではなく4枚になります。このうち2枚とコミュニティカード5枚のうち3枚を使って役を作ります。

使えるカードが2枚増えることで戦略性が高くなり、より高度なレベルの心理戦が求められるゲームです。

他にもいくつかのポーカーがありますが、カジノで遊ぶことを考えれば、テキサスホールデムとこの4種類のルールを覚えておけばOKです。

勝ち続けるためのポーカーの必勝法

テキサスホールデムでは完全に勝てる必勝法というのはありません

それがないからこそ世界大会が開催され、トッププレイヤーが競い合うわけです。

ただ、勝率を上げるための必勝法はあります。

どのようにすれば勝率が上がるのか、詳しく見ていきましょう。

伸びない手はすぐにフォールドする

最初に配られる2枚のカードが弱いなら、すぐに降りましょう

「もしかしたら役ができるかも」なんて思って引っ張った結果、無駄にチップを賭けることになり、何もしないまま気がついたら資金がゼロになっていたなんてことがよくあります。

ポーカーにおいて勝負してもいいのは、最初の2枚が強いときだけです。

モンスター:A-A / K-K / Q-Q / J-J

トップペア:A-K / A-Q / A-J / K-Q

スーテッドコネクター:同じマークの連続する数字(例:スペードの8-9)

 

勝負してもいいのは、基本的にはこのペアになっているときだけ。

モンスター以外のペア(例:9-9)やAのスーテッド(Aを含んだ同じマーク:A-9)でも勝負してもいいのですが、他のプレイヤーの賭け方によってはフォールドする必要があります。

ポーカーでは勝つときは大きく、負けるときは小さくが基本です。

最初の2枚を見て勝てそうにないときや、他のプレイヤーの手が良さそうな早いラウンドでフォールドして損を減らし、勝てると判断したら上手にレイズしてチップを引き上げましょう。

ポーカーフェイスを徹底する

ポーカーは読み合いを行う心理戦のゲームですので、相手に心を読まれないようにする必要があります。

このためには自分の感情を表情に出さないようにトレーニングしましょう。

いわゆるポーカーフェイスを身に着けないと、トップクラスのプレイヤーには勝てません。

ときには絶対に勝てない役でもブラフで強気で攻めてみるなど、普通では考えられない手を織り交ぜて、他のプレイヤーを混乱させることも必要です。

そのときにも淡々と自分の作戦を実行して、相手に読まれないように心掛けましょう。

強い相手のいるテーブルでは勝負しない

身も蓋もない話ですが、ポーカーは実力差や相性がはっきりと出るゲームで、テーブルの中に強い相手がいる場合や、相性が悪い相手がいたらどうやっても勝てません

その場合は早めに切り上げて、別のテーブルで勝負しましょう。

とにかく自分よりも弱い相手が揃ったテーブルを探すことです。

ズルいように思うかもしれませんが、ポーカーは弱肉強食の世界です。

食べられたくなければ、自分が食べる側に回れるテーブルを探しましょう。

オンラインカジノでポーカーに挑戦しよう!

ポーカーは世界的に親しまれているゲームですので、PCで遊べる無料ゲームやスマホで遊べるアプリなどがいくつもありますが、ある程度コツを掴んだら、思い切ってオンラインカジノに挑戦してみましょう。

オンラインカジノをおすすめする理由はただひとつ。

お金を賭けて勝負するスリルを味わってもらいたいからです。

できれば実際のカジノに足を運んでもらいたいのですが、それは難しいかと思いますので、どこでもいつでも参加できるオンラインカジノが最適です。

ポーカー専用のリアルマネーゲームもありますが、そちらはポーカーのプロが集っているので、どれだけ練習しても始めたばかりの人は鴨にされるだけ。

オンラインカジノならそこまでレベルが高いわけではないので、必勝法を駆使すれば安定して勝てるようになります。

その前にオンラインカジノって違法では?と思うかもしれませんが、日本ではオンラインカジノを取り締まるための明確な法律がなく、パチンコやパチスロなどと同じグレーゾーンのギャンブルという立ち位置になっています。

いずれ法律によって取り締まりが強化されるかもしれませんが、現時点では違法性はありません

ただしきちんと現地政府のライセンスを取得し、第三者機関から監査を受けているオンラインカジノを利用しましょう。

基本的には大手オンラインカジノを利用していれば安心です。

利用者が少ないカジノやサービスを開始したばかりのカジノは避けておきましょう。

まとめ:運任せではなく必勝法と駆け引きを覚えて楽しもう

カジノのゲームには運だけで勝負が決まるものがいくつもありますが、ポーカーはその真逆に位置する駆け引きで勝負が決まるゲームです。

ただし、駆け引きだけで勝てるのではなく、必勝法やセオリーを頭に入れておかないと勝てません。

まずは無料ゲームやアプリでコツを掴んで、安定して勝てるようになりましょう

コンピュータ相手に勝てるようになったら、実際にお金を賭けて緊張感のある勝負をしてみましょう。

本物のカジノでもいいですし、手軽に賭けられるオンラインカジノもおすすめです。

オンラインカジノなら顔を見られることもないので、表情を読み取られることもなく、きちんと勝ち方を把握していれば、数回に1回は勝てるようになるはずです。

そこからしっかりと経験を積んで、より高いレベルの駆け引きを身につけてポーカーを楽しみましょう。

タイトルとURLをコピーしました